みずほ銀行、ゆうちょ銀行がATM/振込の優遇を改悪。どこに乗換える?

お金・クーポン

みずほ銀行、ゆうちょ銀行がATMや振込の優遇を改悪し、経費削減をはじめました。このご時世だからしょうがないですね。今回は改悪内容と、おすすめの乗換先を紹介します。

銀行別、今回の改悪内容

みずほ銀行は同行宛振込とATM利用回数・優遇されるATMの種類が減少

みずほ銀行では、ATMの無料利用回数と、無料で利用できるコンビニのATMの種類が減少します。

コンビニATM手数料・「セブン銀行ATMおよびローソン銀行ATMをご利用時の無料特典は終了
・イーネットATMの時間外手数料・ご利用手数料の無料回数
 「お取引状況に応じて月4回まで」→「お取引状況に応じて月1回から3回まで」に変更
振込手数料「みずほ銀行ATM・イオン銀行ATMをご利用時の振込手数料の無料特典は終了」
・みずほダイレクト他行宛振込手数料の無料回数
 「お取引状況に応じて月1回または月4回まで」→「お取引状況に応じて月3回まで」に変更
カード発行手数料「キャッシュカードの切り替え・再発行にかかる発行手数料の無料特典を原則終了

お取引条件も一部改悪が入っています。詳しくはこちらをご覧ください。

ゆうちょ銀行は同行口座間振込が有料に

ゆうちょ銀行では、ATMおよびゆうちょダイレクトでの「 ゆうちょ口座間送金 」がすべて有料化されます。また、口座の再発行が有料になります。

ゆうちょ口座間送金 2020年3月31日まで   2020年4月1日から
ATM月1回:無料
月2回目以降:125円
ご利用回数にかかわらず
1件につき100円
ゆうちょダイレクト月5回まで:無料
月6回目以降:115円
月5回まで:無料
月6回目以降:100円
再発行手数料
2020年3月31日まで2020年4月1日から
通帳・貯金証書・保管証無料1,100円
キャッシュカード1,050円1,100円
JP BANK カード
(クレジットカード)
1,050円1,100円

詳しくはこちらをご覧ください。

別の銀行なら優遇を受けられる

いくつかの銀行は、これまでと同様にATMの手数料が無料で利用できます。今回は2つの銀行を紹介します。

条件をクリアすればATM手数料が無料な「新生銀行」

新生銀行の優遇内容

優遇条件

円預金100万円以上、または積立5000円以上が楽かなと思われます。

  • 円預金: 100万円以上
  • 所定の投資商品: 月間平均残高が30万円以上
  • 円定期預金: 200万円以上
  • 外貨預金の積立/「THEO+[テオプラス]新生銀行」: 1万円/月以上
  • 投資信託の積立: 5千円/月以上
  • プリペイドカードGAICA(Flex機能付き)発行:アプラスの 1万円以上/月のチャージ

詳しくは: こちら

20万円と通帳なしであればATM手数料が無料な「スルガ銀行」

スルガ銀行は静岡の地方銀行ですが、早くからインターネットの支店を作っています。ほぼネット銀行と同様な支店をいくつかもっており、全国の方が利用できます。

インターネット支店
使えば使うほどマイルやポイントが貯まるインターネット支店ならではの魅力ある商品・サービスをご提供しております。

対象ATMであれば無条件で出金無料。(ANA支店の場合)

スルガ銀行のインターネット支店の場合、特に条件なく対象のATMは一部時間帯で無料です。また、条件を満たすことでどの時間帯でも対象ATMが無料になり、全国のATMで月10回まで出金が無料になります。

まとめ

みずほ銀行とゆうちょ銀行が一部改悪を行いました。ATMの出金が無料となる回数が減ったり、対象のATMが減ったりしました。しかし、まだ銀行を探すと無料優遇を行っている口座はあります。そちらに乗り換える方法もよいでしょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました