アシアナ航空で乗り継ぎしたら、Skyscanner以上の格安航空券になった

セール情報

航空券を予約する場合、Skyscannerなどの料金比較サイトを利用することは多いと思います。しかし、意外と最安の航空券が表示されないこともあるようです。特にSkyscannerは乗り継ぎ利用時の料金計算が弱いと思っています。今回は、例えばアシアナ航空による「仁川国際空港乗り継ぎ」を利用した場合に、Skyscannerで予約するより安く予約できそうだったので紹介します。

格安航空券の比較 スカイスキャナー | 国内・海外・LCC飛行機チケットの最安値検索
世界のレンタカーやホテルだけでなく、多数の格安航空券を無料で比較できます。スカイスキャナーは航空券・旅行の検索サイトです。

アシアナ航空とは

アシアナ航空は韓国の航空会社で、仁川国際空港を拠点としています。日本からも成田、羽田、関西国際、名古屋、福岡の大きな空港を始めとして、仙台、沖縄、札幌、宮崎、静岡、広島、高松、富山、長崎、米子、熊本、宇部などの地方空港とも就航しています。

ASIANA AIRLINES

Skyscannerとアシアナ航空とを比較してみた

例えば仙台→ホノルルの場合

今回例えば「仙台空港→ホノルル空港」で比較したいと思います。アシアナ航空も日本の航空会社も就航しているためです。今回は、2019年10月18日(金)~2019年10月22日(火)の仙台→ホノルルの最安値を検索します。この場合、Skyscannerよりアシアナ航空のほうが1万円以上安く購入できそうでした

Skyscannerの場合95,705円

Skyscannerで検索した結果、ANAで1回乗り継ぎをする航空券が出てきました。

アシアナ航空利用の場合83,300円

アシアナ航空のサイトで検索した場合、Skyscannerで検索するより安いものが出てきました所要時間もほとんど変わりはありません。しかも、1万円以上も安い航空券です。

ちなみに、今回例示した「仙台空港」は必ず乗り換えが必要な路線ですが、例えば日本発の直行便があるような羽田ーホノルルであっても同じようにアシアナ航空など他の航空会社で検索してみると安くなることが多いです。

おすすめの購入法は、複数の航空会社+Skyscannerの併用

よりオトク(低価格)な航空券を予約するにはSkyscannerで調べるだけではなく、乗り継ぎ利用も含めた複数の航空会社での検索をおすすめします。

「LCC」については直行便メインでしょうしSkyscannerで問題ないと思います。一方、通常の空港会社を利用する場合や乗り継ぎが前提の場合は、ANAやアシアナ航空など、航空会社の公式サイトでも検索して比較してみましょう。

格安航空券の比較 スカイスキャナー | 国内・海外・LCC飛行機チケットの最安値検索
世界のレンタカーやホテルだけでなく、多数の格安航空券を無料で比較できます。スカイスキャナーは航空券・旅行の検索サイトです。

乗り継ぎ航空券を利用する際の注意

乗り継ぎを利用した航空券は安価な場合もありますが、いくつか注意が必要です。

荷物を受け取る場所を確認すべし

多くの航空会社では預け入れ手荷物を最終の空港で受け取れる「スルーバゲージ」に対応しています。しかし、一部地域・航空会社では対応していないところもありますので、どこの空港で預け入れ荷物を受け取れるかをよくご確認ください。また乗り継ぎ先の飛行機が国内線でも、国際線からの乗り継ぎの場合は国際線の場所から引き取りが必要など、いくつかパターンがあるようなので、ご注意ください。

こちらについては、詳しくは航空会社の窓口などにお問い合わせください。

保安検査を再度実施する必要あり!免税店での購入に注意

乗り継ぎの際には再度保安検査が行われます。国際線では保安検査をして制限エリアに入る際に、液体物を原則持ち込めず没収されます。そのため、例えば例で示したパターン(日本→韓国→ホノルル)の場合、日本→韓国の飛行機に乗る前に液体物を購入してしまうと、韓国→現地の乗り継ぎの際の保安検査時に液体物を捨てる必要が出てきてしまいます。特に荷物受け取りが不要なスルーバゲージの場合は預け入れることもできません。免税品店で購入した商品も手荷物として持つことになります。そのため、免税品店で液体物などの没収の対象となるものを購入するのは控えましょう

乗り換えの時間に注意

「国際線は2時間前までにチェックインを済ませる」と言われていますが、乗り換え便の場合も2時間程度空き時間があると安心です。保安検査や、 荷物の受け取り(ある場合) は早めに済ませてしまいましょう。また、次の便が長い場合にはラウンジを利用したり、もしくは無料の市内ツアーを用意している航空会社もあるようなので、利用してみると良いかもしれません。。

ビザの取得が必要な場合

ロシアのアエロフロート航空などは、ロシアで乗り継ぎになるかと思います。ロシアは日本国籍の場合にはビザが必要になります。場合によっては入国する際にビザが必要な国での乗り継ぎの場合にも、通過ビザや観光ビザが必要になることも。ビザが必要なケースについては航空会社などでご確認ください。

まとめ

Skyscannerは確かに便利ですが、Skyscannerの検索結果が必ずしも安いとは限りません。航空券の乗り継ぎを敢えて行って安く移動するという方法もあります。今回はとある往復の航空券をSkyscannerと乗り継ぎを前提としたアシアナ航空のものと比較して、アシアナ航空のほうが1万円以上も安価だということを説明しました。なお、アシアナ航空のみをおすすめしているのではなく、あくまで「乗り継ぎによって安くなる事がある」ということを紹介しています。羽田・成田発を予定している場合でも、いくつかの航空会社の乗継便を航空会社の公式サイトで検索してみると良いでしょう。(e.g. 中東・ヨーロッパ方面へはカタール航空など)

ただし、保安検査を途中の空港でも実施する関係上、免税店での購入が事実上できないなど注意点もありますので、よくご確認の上ご利用ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました