「特急ひたち」に乗るためえきねっとでチケットレス申込みしてみた

国内旅行

JRも新幹線に「チケットレス」を導入し始めたり、いよいよ、チケットレスの波が少しずつ鉄道にも来たかなと感じています。

また、JR東日本はチケットレス系のサービスだった「モバイルSuica特急券」を廃止してえきねっとに統合しようとしていたりする今後、「えきねっと」の利用が増えていくと予想されます。今回はその「えきねっと」でのチケットレス申込みの方法について説明します。

チケットレス申込み方法

チケットレス申込みの場合、購入できるのはあくまで特急券だけとなります。そのため、別途乗車券として、Suicaを利用するか、紙のきっぷを購入する必要があります

えきねっとをスマホで開き、チケットレス申込みを押します。

えきねっとへのログイン画面が出ますので、ログインをしてください。その後、希望の列車を押します。

適宜、希望の日時を選択してください。

希望にあった列車がでるので、選択します。

希望のシートを選択して購入できます。

購入後、購入画面をスクリーンショットなどで保存することをおすすめします。(そこに座席や号車番号が書かれています)えきねっとに登録しているメールアドレスに、チケットレス申込みの確認書が届きますので、

チケットレス申込みで乗車する場合

乗車時は、乗車券は普通の紙のチケットか、SuicaなどのICカードを利用し、改札へ入ります。その後、乗車予定の列車の、自分の席に入ります。自分の座席は申込み時にスクリーンショットで撮った画像か、えきねっとに登録されているメールアドレス宛に届いたメールに記載されています。

その時、以下のような説明書きがありました。自分が予約した席の場合、乗車時には座席の上のランプが「緑色」になっているはずです。

僕の場合、もし予約した時間が発車時間のすぐ前だったためか、赤色でした。その後発車してしばらくしたら緑色に切り替わりました。黄色のランプは隣の人のもので、2駅先の上野駅で乗車してきました。(僕は品川で乗りました)

まだ購入したチケットの情報がまだ反映されてない様子、しばらくしたら緑になった

緑色のランプが光っている座席に座っている人の場合、車内検札はどうやら行われないようでした。また、赤色のランプの座席は自由席として利用されるようです。

まとめ

えきねっとのチケットレス申込みはえきねっとで申し込んで、あとは普通にSuicaなどで入場して乗るだけ、という仕組みでした。今後、紙のチケットがなくなっていくのは、駅の券売機で特急券を買う必要がなくなるので、すごく楽になると思います。今後の発展が楽しみです。

コメント

Enable Notifications    OK No thanks
タイトルとURLをコピーしました