まだ新幹線の切符を窓口で買ってるの?―新幹線チケットをえきねっとで最大半額の格安で買う方法

お金・クーポン

※この方法は、東北・秋田・山形・北海道新幹線と、上越新幹線、北陸新幹線でのみ対応しています。東海道・山陽・九州新幹線についてはまた別途説明します。

新幹線のきっぷの購入方法はWebがおすすめ

旅行や帰省で、鉄道の切符を買うとき、窓口に並んだり指定席券売機を使ったりしていませんか?実は、もっとお得で簡単な方法があります。それは「えきねっと」を使うことです。

理由1: えきねっとなら、事前予約で2〜3割の割引がある

えきねっとトクだ値とは、乗車日の20日以上前に予約すると、通常の運賃より安く割引してもらう事ができる料金になります。えきねっとの申し込み中に、「トク25」などと選択することで、この割引を指定できます。

ただし、便ごとに数量限定なので、注意が必要です。

理由2: 期間限定で50%オフなどのイベントも実施している

更に、時々「お先にトクだ値スペシャル」という名前で50%オフの料金でセールを実施していることがあります。場合によっては東京−新青森の間を1万円弱で移動することができるなど、とてもお得になっています。

理由3: 1ヶ月以上前から予約できる

帰省するときなど、きっぷはいつも乗車日の1ヶ月前から予約できます。しかし、予約できるようになった当日(=1ヶ月前)にきっぷを購入しないと、いい時間の指定席は全部なくなってしまうなんてこともあります。

えきねっとは、1ヶ月前の更に1週間前(12/30に乗車する場合、11/23)に事前受付という形で受け付けてもらえます。事前受付を行うと、購入できるようになってからシステムが自動的に購入手続きを進めてくれます。ただし事前受付の場合、確約ではないため人気の便の場合、予約できない場合もありますのでご注意ください。

利用方法

利用方法は、ちょっと複雑です。なぜか、きっぷ予約したら購入完了ではなく、それを発券しないと利用できません。

  1. えきねっとの登録をする(クレジットカードを用意すること)
  2. えきねっとできっぷを予約する
  3. 駅の窓口や指定席券売機で、受け取る
    1. 登録したときの「クレジットカード」を持っていくこと!
  4. 乗車する

まずえきねっとへ登録する

利用するには、自分の名義のクレジットカードになります。真偽は不明ですが、LINE PAYカードなど、一部のプリペイドカードでも利用できるという声があるようです。

ただし、バーチャルカードなど番号のみのカードの場合は対応していないのでご注意ください(後ほどカードを券売機に入れます)

えきねっとの登録はこちらから

登録手続きが完了したら、予約に入ります。

きっぷを予約する

えきねっとに登録したら、えきねっとのきっぷ予約ページに移動します

上部の「JR券申込」から移動できます。

ログインした後、任意の路線を押して、行き先と日付を入れて、予約することができます。

なお、予約時に「えきねっとトクだ値」を利用したい場合は、トク○○、というボタンを押して予約を行うと、割引されます。設定されていない便の場合や、売り切れの場合はそのボタンが表示されません。

トクだ値が設定されている便の例。どちらも売り切れている状況。

最後まで予約して完了したら、発券手続きに移ります。

予約したきっぷを発券する

きっぷは、JR東日本、一部のJR北海道、一部のJR西日本の指定席券売機かみどりの窓口で対応しています。

指定席券売機の場合は並ばずスムーズにきっぷ発券ができる

指定席券売機を利用すると、あまり並ばずにスムーズに予約ができます。

発券されたら、あとは当日そのきっぷを使って乗車することができます。わーい。

まとめ

予約→発券と、作業はちょっと複雑ですが、えきねっとの予約を行うことで、事前予約や割引での予約ができるようになります。

いつも、良い便を予約できず困っている方は、えきねっとの事前予約を使ってみることをおすすめします。

コメント

Enable Notifications    OK No thanks
タイトルとURLをコピーしました