日帰り温泉旅行をお得に行く。青春18きっぷで「袋田、水郡線の旅」

お得に温泉旅行

お得に温泉旅行するには18きっぷがおすすめ

鉄道での旅行も、意外とお得に行けます。特に、毎年3回JR各社が出している「青春18きっぷ」はJRの普通列車を安く使えると評判です。今回は18きっぷを使ってお安く温泉旅行に行く旅程を見てみたいと思います。

18きっぷとは

JR各社が出しているきっぷで、JR線の全線に「普通列車」であれば乗り放題なきっぷです。 1回使うと「1日一人乗り放題」で利用できるきっぷです。それが5回分で11,850円(1回あたり2,370円)で販売されています。

1枚のきっぷを複数人で1回分ずつ使う(例: 3人であれば3回分利用)といったことも可能なため、家族での旅行などにも利用できます。

普通列車(快速も含む)のみに乗車できます。急行・特急列車は特急券を購入しても本券では使えないなど、いくつか注意事項はあります。また、JR以外の路線(りんかい線、ほくほく線などや私鉄など)は利用できません。

詳しくはこちら

おすすめな場所「水郡線沿いの袋田」に行く

日帰りで楽しめるエリアとしては北関東などがおすすめです。特に水郡線沿線の「袋田」は関東にいながらいい感じの渓谷や温泉、食事も楽しめたりします。


上野AM5:10発の常磐線がおすすめです。

京浜東北線沿線に住む方は午前4時台の電車があり、上野に5時到着が可能です。

渓谷の隣を通る奥久慈清流ライン

7時頃初の列車が水戸駅からあります。4両での発車ですが2両は途中の常陸大子駅までで切り離しとなります。袋田駅は常陸大子駅より手前なので、どこに座っても構いません。

乗車後、上菅谷駅付近を超えて支線を見送ります。すると少しずつ山間部を走るようになってきます。中舟生駅付近からは山間部の鉄道感が出てきます。

そのまま、「袋田駅」で下車しましょう。

袋田の滝

袋田駅に着くと、バスがあります。バスの時刻表を見ると帰りのの最終が15時50分ごろなので注意が必要です。

袋田駅からのバス代

大人 170円

バスに乗り終点まで進むと、袋田の滝の案内が出てきます。

その後、袋田の滝付近のトンネルまで進み、入場料を払うとトンネル経由で袋田の滝に行くことができます。

袋田の滝 入場料

大人 300円 小人 150円

袋田の滝の眺めはいいかんじ

袋田の「しゃも料理」

袋田など奥久慈は軍鶏(しゃも)料理が有名なのだそうです。

袋田の滝付近にもお店がありますが、もしお時間があれば袋田の市街まで足を運んで、以下の場所などにも行ってみるのはおすすめかも知れません。

関連ランキング:鳥料理 | 常陸大子駅

温泉はこちら

近くには温泉旅館もあります。日帰りでの入浴も可能です。入浴料: 1000円

豊年万作

今回の費用

今回の日帰り旅行。ご飯代を除くと「4,010円」で楽しめます。

  • 2370円: 一人あたり運賃
  • 170円 x2 : バス代(往復)
  • 300円: 袋田の滝入場料
  • 1000円: 温泉代
いかがでしたでしょうか。袋田など、北関東は日帰りでも非日常感を楽しめるスポットかなと思います。すごくおすすめです。

コメント

Enable Notifications    OK No thanks
タイトルとURLをコピーしました